2015年02月10日

紙の上のウサギ

冷やかし程度に、このブログへのアクセス状況を見てみると、
「紙」「パズル」「組み合わせる」といった検索ワードが目立ちます。

いや、そうとも限らないんじゃないの、なんて反抗しても、
さっきチラチラ考え始めたものが、まさに紙モノだったりして、
まぁ、そういうものです。

150210_kdrb.jpg

ずいぶんと前に思索した、ウサギのような形のしおり。
ちょっと思うところがあって、以前と少し違う方法で試作しました。

実際に使いながら、モノとしての力量を観察してみよう、
というので記録用に撮影したら、光の反射も手伝って、まるで雪上のウサギ。
なんとなしに、小さな温かみを覚えました。
posted by kohfuh at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

遠まわりで近い道

何がご専門ですか、という質問って、意外に厄介ですね。

そう訊かれることは少ないけれど、いざ自分のこととして考えてみたら、どう答えるのか。それって難しいな、と思えるのです。

ズルズル長くなってしまうか、ざっくりと観念的になってしまうのが目に見えて、いわゆる「わかりやすい一言」は出そうで出ない。
結局、自分のやってきたことを並べて見せるのが近道だったりしますね。

150116hbck.png

この冊子は、以前に表紙のロゴと編集などを担当した、『火鉢考』の実物。
こういうプロジェクトも自分の一面として確かにあるので、やっぱり専門性を説明するのは大変です。はたして、自分に専門なんてあるのかどうか。

「なんでも」はやらないけれど、「いろいろ」やります。
率直なのにズルい答えが、ぼんやりと浮かんできました。
posted by kohfuh at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

クリエイティブな羊

あけまして、おめでとうございます。
前回の日付を見たら、ブログの更新も半年ぶりです。

150103_htj1.jpg

昨年はASOBIDEAのスタートもあって、慌しい状態が続いていました。
けれど、忙しいまま変化がないというのも、広がりがなくて、抑揚がなくて、バランスが悪いのですね。

そう感じながら、今年の干支について調べていたら、ヒツジって耳が良い動物だとか、鼻が利くんだとか、そういう話が目に飛び込んできました。

あ、それだ、と腑に落ちたものがあるんです。

続きを読む
posted by kohfuh at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

市松の敷物がつくれる

もったいぶりつつ、二枚で市松になる紙組みの話。
前回の品をバラバラにしてみると、こんな感じになります。

131223_ckmt2.png

そんなに予想外でもない、わりと素直な形。もちろん、他にも方法はあります。
むしろ、実用的には組んでも外れない形状が欲しいわけで……。

それでも紹介したのは、これが以前の「White Leaves」と同じ構造だから。
というより、今回のアイデアが先で、その後に白い葉っぱが生まれたのでした。

ただし、向こうとこっちでは肝心の組み方が違います。別物といえば、別物。
posted by kohfuh at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

市松の敷物をつくる

あちらこちらでクリスマスの飾り付けが目に留まる、この時期。
作業の合間に、昔のメモ書きを引っ張り出して、こんなものを作ってみました。
上に乗っているものではなくて、下に敷いてある紙の方ですよ。

131217_ckmt1.png

この敷物、両面とも市松模様になっていて、緑とオレンジの紙は色が違うだけ。つまり、まったく同じ切り込みの入った紙どうしが組み合わさっているのです。

さて、どういう切り方になっているのか、その答えは色々あると思います。
例えば……というのが、この次のお話。
posted by kohfuh at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

ずっと積層で作る

すっかり忘れていましたが、今夏にリリースしたものがあります。
私にとっては、ずっと試作から3Dプリンタ−を利用した、初の試みです。

130929_twn.jpg


「Twistin」は変種の組木、もしくはパズルっぽい造形物。
すっと手に乗るほどの大きさですが、そのひとかたまりには不思議な形の変化が仕込まれています。正式な情報は、kofthサイト内のページにて。

http://kofth.com/projects/twistin/

実際の制作と販売はパズラボにお願いして、私は設計とパッケージまわりを担当しました。説明書のためにロゴも作りましたが、それはまた別の話。

少しだけ制作の意識を変えてくれる、なかなか面白い体験でした。
posted by kohfuh at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

ワークショップ番外編

たいしたイベントも開催せず、過ぎてしまった昨年。
実は、個人的な集まりで、小規模のワークショップを開いていました。

130114_wsm1.jpg

紙を切って、色をぬって、ちょっと遊べる品を作る、数分の体験。
人によってまったく異なるものができるので、その違いも楽しいところです。

130114_wsm2.jpg

こんなアイテムも用意したりして、実験的ながら面白い試みになりました。
また、どこかで開催できればいいな、と思っています。
posted by kohfuh at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

窓の外の樹

ちょうど一年前は、新たにペーパーツリーを仕上げていたのでした。
しかし、今年は細かい工作をする暇がないので、なんとか楽をしたいものです。

111224_cc1.png

紙の切れっぱしだけで何かできれば、と思うのですが。

続きを読む
posted by kohfuh at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

半年ぶりの風通し

昨年の秋に届いて、一度封を開けたきり、ずっと閉じたままの包みがあります。
そのうち着手しようと思いながら、いつも後回しになっていました。

110513_pcs.jpg

久しぶりに覗いてみても、それほどの変化はなく、じっと静かに整列しています。
今となってはタイミングを失った感があるものの、彼らは平然とリリースの瞬間を待っています。

ずっと見ていても仕方がないので、包みを元に戻してから、ゆっくり電卓のキーを叩き始めました。ちょうど背中の方から、Elek Bacsikの軽快な音が聞こえます。
さて、どうしましょうかね。
posted by kohfuh at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

定型に収めてみる

以前、名刺に遊びを仕込んだことがありました。
それ以来、定型サイズの紙ものをベースに、何か楽しいことができないものかと思っています。けれど、定型というと、やっぱり代表格は封筒やハガキ。

というわけで先日、ハガキのサイズに様々なメカニズムを組み込んだ作品を知りました。下記ページ内の動画(このBGMも良い雰囲気)をどうぞ。

MechaniCards - a new edition by Brad Litwin (Paper Forest)
http://paperforest.blogspot.com/2010/09/mechanicards-new-edition-by-brad-litwin.html

仕組みの内容はともかく、こんなハガキが届いたら、嬉しくなって長いこと遊んでしまいそうです。
ちなみに、同じ作者さんの過去の作品は下記のサイトにて。この中には、ハガキ大の作品と共通する仕組みのものも。

Brad Litwin Kinetic Works
http://www.mechanicards.com/

過去のアイディアを定型にリサイズしたり、逆に定型サイズから発想したり、そしてまた、それを定型に戻したり。
こんな定型用紙の使い方もあるのかな、と思いました。
posted by kohfuh at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。