2007年06月27日

カドサク君

前回前々回とページの隅にかぶせる形のしおり「カドサク」をご紹介しました。
今回は、方々から勝手に刺激を受けた特別編です。

kk_1.jpg

見た目には普通のしおりに戻ってしまったように見えますね。
とにかく、ページをめくってみましょう。

kk_2.jpg

もう少し開いてみます。


kk_3.jpg

というわけで、ちょっとした形の裏切りを楽しんでみました。
電車やバスなど、近くに人がいるときに何気なく開いて見せると、ちょっぴり驚かれるようです。やはり珍しいのでしょうか。

さて、今回のカドサク君には「のりしろ」がありません。どうやってつながるのかというと、こうなっています。手を前に回してもらいましょう。

kk_4.jpg

つまり、半分ずつ切れ目を入れて組み合わせるわけです。
と、仕組みが分かったところで、カドサク君の図面を。

kadosaku_kun.gif

事のついでに、違うタイプも用意してみました。

kk_5.jpg

安易な話ですが、こちらは「カドサクちゃん」です。そして図面は次の通り。

kadosaku_chan.gif

例によって、2タイプが2枚ずつA4版1枚に収まっている型紙を、pdfファイルで用意しました。

カドサク君・カドサクちゃんの型紙 (kadosaku_2.pdf)

なお、顔以外はありませんので、自由に彩色や書き込みができます。

kk_6.jpg

今回は特別編でしたが、ページの外にはみ出してしまう点で実用性には欠けるかもしれません。いずれにしても、お遊びということで、ご勘弁を。


posted by kohfuh at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ものづくり | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜。のりを使わないで、頭がちょっぴりはみ出たり、ひっかけ部分が手になっているのは面白いです。
Posted by てらむら at 2007年06月30日 16:43
初代カドサクよりも、どんどん愉快な感じになってきました。
異なる色や質感の紙を使って、いくつか作っておくのも良さそうですね。
Posted by kohfuh at 2007年07月01日 20:29

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。