2014年03月16日

無事に終わって、いよいよ始まり。

話題は前後しますが、今月初めに3年ぶりのワークショップを終えました。

140316_wsasb.png

自分ひとりで考えて「何か」を作るには、けっこう時間が必要です。
それと同時に、その「何か」を通じて他人と交わる時間も大切。
そうして、自分と他人の間を入ったり来たりした「何か」が変化していきます。

そんな現場を、私の担当した「シルエットパズル事始め」で実感しました。

講座の最後にある作品づくりは、(ほぼ)自由課題。それぞれ自分なりの形を切り出す必要があり、初めのうちは誰しも停滞ぎみでした。
ところが、あるときを境に、各自の手が動いていきます。脇で見ていて、あぁ場面が変わったなと分かりました。すっと移行するんですね。

その合間にコメントを入れたり、互いに交換して遊んでもらったりします。
お互いに作ったばかりだから、その反応も活きが良い。
こういうセッションは当事者でなくても、見ていて飽きませんね。

ところで、今回のワークショップの主催はASOBIDEA(アソビディア)でした。
お気づきでしたか?

これは、私も参加することになった新しい事業体(正確にはLLP)。
すでに新サイトも動き出して、今回のワークショップも開催レポートと共に紹介されています。

 パズルのワークショップ「キューブとシルエット」開催

私もASOBIDEAの一員として、今後も様々なプロジェクトに関わることになりそうです。なにはともあれ、お楽しみに。
posted by kohfuh at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

今度はカプセルの中に

先日のワークショップも無事に終わりまして、いろいろ話題もあるのですが、その前にこんな写真を。

140307_obgp.png

色とりどりのカプセルに入っているのは、紙折りパズル。
このたび、TOIQUEさんの依頼で実現したもので、その形状から「OBIGAMI PUZZLE」というシリーズ名を付けました。全部で3種類。
詳細は下記のページをどうぞ。

 http://toique.exblog.jp/20433995/

こうした紙モノが世間に出るのも、今では珍しくなくなりました。けれど、こういった形で提供するケースは珍しいかもしれません。

というか、paper foldingの販売機って、他にもあるんでしょうか。世界中を探せば、どこかにあったりするのかも。
posted by kohfuh at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品関連 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。